FF X HD 2014.02.28 (金)
前回までのあらすじ

ブリッツボールの試合に勝ったのでトロフィーをもらった。

親父はシンだって言われた。

ユウナのガードになった。

笑う練習をした。


みんなとの距離が遠ざかった気がした。



゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

ミヘン街道


ながーい平坦な道。
魔物は多いらしい。
なんか昔、シンに壊された遺跡があっちゃこっちゃ。
でもスピラの人々は平気に歩いてる(○゚∀゚)
マジ意味不。


ってことでほーんと書く内容ない道(*´ω`*)
なのでSSもまったく撮ってなくて、記憶を呼び起こすのに苦労したw

ちゃんとその都度書かないからこんなことになるんだw

記憶の定着のためには72時間以内の復習が大事って昔教えてもらったのにね。

チョコボ(*'∀'人)♥*+

チョコボに乗ったおねぇさん登場。
チョコボ騎兵隊の方々。後々、苦労なさる方々。

さて、おねぇさんのお話によると、
なんでもミヘン街道にはチョコボを食べちゃう魔物がでるとか。。。

なんだってー( ̄□ ̄;)!!
チョコボを食べるなんて!!FFの看板動物の敵ですよー!!


退治しましょう、そうしましょうと言ってたら、
アーロンさんに、ジェクトもおんなじこと言ってたと言われました( ̄□ ̄;)!!


やっぱ親子ですなエピというわけです(ニヤニヤ




さてミヘン街道は長いのです。景色は変わり映えしないし、
うつらうつらと半目のプレイヤーが
寝落ちしそうになるという危機を乗り越えながら、
一同は旅の茶屋・・・じゃなくて旅行公司にたどり着く。


ここいらで一休み(*'∀'人)♥*+


夕方、ティーダとユウナの夕焼けを眺めながら
会話イベント発生です(若いっていいわぁ(*´ω`*)



そだ!
アーロンさんにシン=ジェクト(親父)とか言われたのもあるしね・・・
この際、ユウナ先生に色々聞いてみましょう。


Q. ぶっちゃけシンってなぁに?

A. シンは人間への罰。人の罪が消えるまでシンは消えない


・・・・・・・・・・・・は?




Q. シンは人間の罪の体現としましょう。で、何がそれほどまでに重い罪のですか

A. わかりません。考えたこともなかった。


・・・・・・・・・・・・・・エボンの教えの役立たずめ(`ε´)
教えが役に立たないために、悩むユウナ。


ま、そんな細かいことはシンを倒してから考えましょう。
と話を進めるティーダ。

ん?ユウナが黙り込んじゃった。。。
ティーダは気づかない。

うん、ま、つぎつぎ!



Q. シンはあんだけでかいけど、どう倒すんですか?


A. 究極召喚を使います。ザナルカンドで手に入れることができます。


キュウキョクショウカン。。。

きっとシン級にでかい召喚獣ってことで間違いないですね( ✧Д✧) キラーン



しかも、ザナルカンドで手に入ると(°ω°)
え?ザナルカンド?
これは行くしかないですね!

ティーダのいたザナルカンドかどうか、確かめなくては( ✧Д✧) カッ!!




翌日の朝、

なんか、変なのいる(°ω°)!!

こやつがチョコボイーター。全チョコボの敵!
すなわち、チョコボにとって代わって、
己がFFの看板になりたいと(違う)( ̄□ ̄;)!!


こんなぶちゃいくがFFⅩを背負って立つなんて許せない!
FFⅩの思い出は俺が守る!!

何ごともなかったかのように倒す。

チョコボとFFⅩの平和は守られた(ノ≧ڡ≦)
いいことしたなぁ(*´ω`*)



ミヘン街道でのボスはこやつだったようです。
こいつ倒したら、あっという間に次の場所でしたから。


一行はミヘン街道をぬけ、キノコ岩街道へと・・・
向かうはずが、

何やら大がかりな作戦が展開されるようで通行止めときたもんだ(´□`。)
なんだよぅ・・・ちぇぇぇ。




うん、今回はこの辺で(。・ω・)ノ゙



書き直して思ったけど、
やっぱこの記事なくてもいいね(´□`。)

SS少なくて書きにくい。
次もあんまりSSないのでつまんない。

そして。。。
次回 or 次々回は暗いかなー。暗いかも(。-`ω´-)?

FF X HD 2014.02.25 (火)
ニコニコニュースを見に行ったらこんな記事が↓↓

FFシリーズの登場キャラで「そういえば全く使わなかったキャラ」1位―『ファイナルファンタジーX』のキマリ

キマリかぁ(°ω°)ちょっとわかるけどw
器用貧乏なキャラです。育て方次第といったところでしょうか。


アーロンさんの理由はひでぇって思ったw
ワタシが中学生のとき、TVゲームで初めて惚れたキャラですよw

承太郎さんすら、ワタシの中ではこの方を超えられません。




パーティーメンバーが多いってことは
いつか絶対使う場面が、が、がって
昔っから一応、全ゲーム全キャラ一律で育てるワタクシ。


リアルタイムのうちのメンバー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・( ̄□ ̄;)!!


うん・・・キマリ・・・どっかで育て方間違えてるっぽいな。
ルールーよりHP低いのは問題だw


現在の進行イベの事情によりユウナがパーティー抜けてる状態です。

今回、キマリは魔法少女ルートで育ててみてるー。
過去ではリュックorアーロンさんルートで行ったから・・・


今、ガチでこの辺です。
30時間プレイして、で、まだここです。

あと40時間くらいプレイしたら一応ストーリーだけは終わるかも(*´ω`*)


ただすぐ寄り道するタイプなので、
2回目プレイ時、200時間超えてても
シンを倒してなかったりするときもあったからなぁ・・・
あの時何してたんだワタシ?

うん、次回はプレイ日記(。・ω・)ノ゙
FF X HD 2014.02.19 (水)
前回までのあらすじ

アルベド族からユウナの奪還に成功し、
ブリッツの試合ではルカ・ゴワーズまで破っちゃたティーダ。

勝利の余韻に浸る間もなく、
なぜかスタジアムに魔物うじゃうじゃ湧く事件発生。

その魔物掃討中に、イケダン・アーロンさんと再会(*´ω`*)♡

しかし、魔物の数は一向に減らない。
あぁ、めんどくちゃいと思い始めたとき、、、


シーモア老師の顔の怖い召喚獣により、
湧いた魔物はキレイキレイされたのでしたヾ(*`ω´*)オツカレ!


゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

魔物お片付けできてひと段落。

優勝トロフィーもろた!

そうそう、ワッカはブリッツの選手を引退して、
ユウナのガードに専念すると宣言してたんですよ。
(え?そんな内容書いてたか?・・・・・・・・・え?書いてなかったっけ( ̄□ ̄;)!!)
なんたって優勝したしねΣb( `・ω・´)有終の美というヤツです。




一方、ティーダとアーロン2人だけで雑談タイム。
(なんて羨ましぃ。ティーダちょっとそこ代われ٩(๑`^´๑)۶)

あんたのせいで、こんなことに巻き込まれた!など怒鳴るティーダ。

アーロンさんのカウンターパンチが強烈!
いきなりボスのネタバレきた( ̄□ ̄;)!!

Oh!?なに言ってんの?
あの<シン>が、ティーダのパパの<ジェクト>( ̄□ ̄;)!!

この展開はダースベイダーの I am your father.ってやつですね(*゚ロ゚)!!


さすがに信じられないティーダ。(と初プレイ時のワタシ)


が、アーロンさんは真実をみせてやると行って
唐突に歩きだし、ユウナたちに合流。

で、アーロンさんもユウナのガードになります宣言。

このときからティーダも正式にユウナのガードに採用されました。

ユウナの旅について行けば、
真実とやらに辿り着けるってことですかね?

とりあえず、ユウナ’s パーティーのみなさま、
今後ともお世話んなりまーす(°ω°)





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・とは言ったものの、
親父がシンだと聞かされたティーダは、イマイチ元気がない様子。


それに気づいたユウナはティーダに言います。

召喚士とガードはスピラの人々の希望だから、
暗い顔は見せたくはない。


そこでユウナは笑顔の練習をしようとティーダにもちかけます
エ( ̄□ ̄;)!!ハズカシィ

ユウナといっしょに笑顔の練習をするティーダ。なかば自棄です。


仲間たちにドン引きされながらも、ティーダさん、ちょっと元気がでたようです。
病は気から、元気は笑顔から(*゚∀゚)*。_。)*゚∀゚)*。_。)ウンウン


笑いながら・・・旅 したいんだ。

うん(°ω°)!いっぱい笑いながらの旅が一番です(つω`*)


もしかしたら笑顔練習らへんの順番変かも?ま、いいや。
さて、やっとルカの街をでられそう(*´-ω-`)・・・フゥ



6人は次の目的地、ジョゼの寺院を目指すため、
ミヘン街道へと進むのでした。


今回はこの辺で(。・ω・)ノ゙ 
ミヘン街道らへんは大したイベないからサクサク進むかな?



そそ。今更ですけどキーリカ産の

蛮神召喚獣・イフリートさん。
咆哮のせいでブレてんじゃねぇか、コノヤロウ。


FF14とはちがって味方ですヽ(゚◇゚ )ノ