FF X HD 2014.02.08 (土)

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

前回までのあらすじ

腱鞘炎で痛い痛いと喚いていたわたくs


シンによって海の遺跡からビサイド島にぶっとばされたティーダ(主人公)


そこで召喚士でびゅーを果たした少女・ユウナと出会う





ワッカ




ルールー




キマリ



ティーダはワッカの頼みでブリッツボールの大会にでることに。

その大会はでかいので、
ティーダを知ってる人に出会うかもしれないというサプライズがあるかもしれないから!


またユウナ一行はシンを倒すための修行の旅に。
召喚士だけがシンを倒すことができるらしい。立派な召喚士にユウナはなる!!!


目的こそ違えど、一同は同じ船に乗り、ポルト・キーリカを目指すのであった。


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆



どうでもいいけど、ティーダとユウナは同い年・・・くらい。
お船でお話も弾む弾む。


ティーダのパパ・ジェクト。
ブリッツボールの有名な選手だったそうです(。・ω・)
10年前、練習中に海で行方不明になりました。。。

つまりは自分がどれほどの活躍をしても、親の影がまとわりつくのです。

さすが<ジェクトの息子>だ!と。


それが厭だったティーダさん。



一方、ユウナのパパ・ブラスカは10年前にシンを倒し、
大召喚士としてスピラ中に知れ渡った有名人。

彼女はパパの存在を重いと思うこともあれど、誇りに思っているご様子。


同じような境遇ながら、親に対する感情がだいぶ違いますねー。

対極の者同士は惹かれあうもんですけどね!


さて、そのユウナパパのガードを務めたのが、ティーダパパかもしれないという
驚愕の新事実が発覚\_(・ω・`)ココ重要!


10年前にザナルカンドの海で行方不明になったジェクトは

スピラに渡り、ブラスカのガードを務めたというのでしょうか!!??


ユウナの中ではもう、確信されているようですが
信じられないティーダ。。。



で、そろそろストーカー疑惑がもちあがるのでは?
の絶妙なタイミングで<シン>登場。


悩むのも青春の1ページを彩るというのに、

どうしてこう邪魔するのでしょうか(ゲームだから!)

なんと船乗務員、シンはキーリカを狙っているので、

注意をひきつけるべく銛撃ちたいとか言ってくるんです。。。




やめてください、しんでしまいます(((( ;°Д°))))


ほら、いわんこっちゃない(><;)




で、バトルを制したティーダたち。

しっかーしシンを取り逃がしてしまい。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


ポルト・キーリカは。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。





シンに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(´・ω・`)





ユウナは固く決意したのでした。

わたし 『シン』を倒します

かならず倒します


今回はここまで☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ
船だけの部分ていらんかったなーと思うワタシ。。。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nextenx2.blog.fc2.com/tb.php/158-619308e4